お悩み別

歯のぐらつき・歯が抜けた

歯が事故や怪我で抜けてしまった

写真
  • 抜けてすぐなら元に戻すことが出来る可能性が高いです。身の回りに、生理食塩水(もっている方は少ないですが)があれば良いですが、無ければ牛乳(これはある人が多いと思います)それも無ければ、お口の中に含んですぐにかかり付けの歯科医院に行かれて下さい。

  • 抜けた歯の根の部分には触れないように、また土などの汚れが付いていれば、歯冠(根とは反対のところ)部分をもって、軽くひねった水道水で流すだけで良いです。
  • 打撲や外傷で歯がぐらつく

    写真
  • 歯と歯茎の境目から出血がありませんか?出血が見られるようなら、脱臼(回りの骨からズレル)の可能性があります。歯をかみ合わせず、軽くうがいをしてから、綿やガーゼなどで周囲の歯茎の部分に軽く押し当てて止血してください。数分押し当てていれば出血は止まるはずです。その後は、早めにかかりつけの先生の所で固定してもらってください。

  • 歯根が折れている場合もありますので、レントゲン撮影も必要かもしれません。
  • 前歯が(差し歯)がはずれてしまった

    写真
  • 自分で接着剤で付ける方がいますが、元に戻らなくなる可能性があります。土台の部分(根に差し込んである部分)が取れていなければ、冠の中に、あれば義歯安定剤、なければ歯磨き粉でも良いので、少し入れてはめなおしてみたらいかがでしょうか。少しの間ならきちんと作成されている歯の場合は、安定すると思います。

  • 土台ごと取れてしまっているなら、芯棒の部分に少しだけ綿などを巻いて、きつい状態にして差し込んでみるのも良いです。しかしあまり多く巻くと入りませんし根の中に残ってしまうと、自分では取れなくなりますのでご注意を!
  • 転倒して歯が欠けた

    写真
  • 欠けた部分があれば念のため持ってかかりつけの先生の所に行かれてください。場合によっては、付けることが可能です。無くても、アクリルなどでその部分を作ることも可能です。

  • 欠けた部分に出血が見られるときは、中の神経の部分が露出しているので、出来るだけ早くかかりつけの先生の所に行かれてください。夜間の場合には、あまり頻繁にうがいなどせず(空気に触れていないと止血しにくいので)、鎮痛剤など服用して、早めに先生に連絡を取ってください。