診療案内

インレー・クラウン

補綴治療について

補綴治療(インレー・クラウン)には、保険適用治療と保険適用外治療があります。
下記のような種類がありますので、お気軽にご相談ください。

保険適用

フルクラウン

むし歯が大きかったり神経を取ってしまった状態の歯などに被せる冠です。
部位によっては保険でもアクリルで白い歯を被せることも可能ですが、一般的には金属で補うことが多いです。

硬質レジンジャケット冠

部位によっては保険適応のアクリル製の冠です。
金属に比べると若干強度的には弱いかもしれませんが、最近の材質はだいぶ壊れ難くなってはいます。

硬質レジン前装冠

前歯に装着する物で裏側は金属になります。
色調的には陶材を使用したものや、セラミック製の歯のように自然な透明感は弱いと考えますが、ある程度までは改善されて来ています。

左・CRインレー 右・フルクラウン

小さい虫歯などの処置としてのアクリル製の詰め物です。
小さい虫歯であれば臼歯は全て治療が可能です。金属に比べると破折する可能性が若干あります。この他にも、硬質レジンや、セラミック製などの物も有りますが、保険適用外です。

保険適用外

金属床義歯

金属を使用した義歯です。設計に自由度がありアクリル製のものよりはるかに薄く出来ますので、装着感がかなり違います。

エステショット

最近女性の方に人気のある義歯です。
従来のアクリル製の義歯に比べて、かなり薄く仕上がり軽く、装着感が良い義歯です。また、義歯と言えばバネの部分が目立ちましたが、バネを使わないために義歯を装着した事が分かり難い義歯になります。